REPORT

【スタッフレポート】 山崎 幸太 vol.13 「マジでマルチなスペルバウンドコアSCC-65-1/2MULTI」

マジでマルチなスペルバウンドコアSCC-65-1/2MULTI🎵

 

こんにちわ、フィールドモニターのザキヤマこと山崎幸太です❗️

 

すっかり春らしい陽気になってきましたが、バスの釣果は皆さんバラバラで、日によって状況が変わる早春特有の難しさがあるようですね😅

 

私も先日に、WJBTという遠賀川の2人乗りボート大会に参戦するも、ノーバイトノーフィッシュで終了😵

 

参加した30チーム中、釣ってきたのはわずか3チームと非常に厳しい状況でしたが、ウエインされたのはどれもプリプリの良いバスでした😂

 

あまりにも不完全燃焼だったので、終了後に居残り練習をすると、水温が上がりきって風が収まったタイミングで、スピナーべイトで待望の初バスをキャッチする事ができました😆

水温はまだ11度で、魚は1日のわずかなタイミングだけシャローに差すという難しさがありましたが、フリーリグからスピナーベイトに変えた直後のバイトだったので、早いリアクションでバスの目線の上を通すのが良かったようです😁

 

このように状況判断が難しい時期に頭を悩ませるのが、どんなタックルを用意していくかという事😅

 

ボートでも二人乗りの時は、ロッドの本数をかなり絞らなければなりません😌

 

そこで、大活躍なのがスペルバウンドコアSCC-65-1/2MULTIです❗️

フリーリグボトムを誘っても、そのままスピナーベイトで広範囲を巻いても、非常に使いやすいマジでマルチなバーサタイルロッドになっています🙆

 

6ft5inちょいという長さも絶妙に丁度良く、キャスト時は綺麗に曲がってくれて狙った所へルアーを入れられる💥

 

なのに、アクション時はダルさの無いシャープな操作感で、感度も非常に良い👍️

 

バットもかなり強いので、多少のカバーなら全く問題なく魚を引っ張り出す事が可能です🎵

 

よくありがちな「なにもかも中途半端に使える」バーサタイルロッドと違って、スペルバウンドコアSCC-65-1/2MULTIは「幅広いルアーが専用ロッドのように気持ちよく使える」仕様になっています😆

 

1本だけ持ち歩くオカッパリスタイルにも最高なのですが、ボートにも5本くらい積んで置きたいと思いました😁

 

今年よりスタートします「ザキヤマトライアルガイド」でも、実際に使用して頂けますので、気軽にSNS等のDMでお問い合わせください😊

 

では!