REPORT

【スタッフレポート】 山崎 幸太 vol.18 「初場所に行く時はSCC-65-2/1MULTIをお忘れなく❗️」

こんにちわ、フィールドモニターのザキヤマこと山崎幸太です✌️

 

6/25に山口県阿武川ダムにて開催された、ALLBLUE様が主催する招待制トーナメントに参加してきました💡

 

この大会は九州を中心に活躍している、各メーカーの有名ローカルスタッフ人気ユーチューバーが招待されて、ペアで戦うレンタルボートのトーナメントです😆

 

そうそうたるメンツの中、ありがたい事に私はENGINEスタッフという事で招待して頂き、主催者のALLBLUE村上代表ペアを組ませて頂きました😉

さて、山口県阿武川ダムは、ビッグバスが釣れると近年話題のリザーバーで、レンタルボート昇降スロープが充実した、クリアな水質エレキ限定レイクです😀

 

私は今回が初めてだったので、事前情報をあえて仕入れずに、ボートの操船ポイント選びも全て村上代表にお任せする事にしました🤗

 

この日はかなりの減水中という事もあり、まるで池原ダムのようなゴロゴロした岩肌だらけの景色と綺麗な水にワクワクが止まりません🤩

 

トーナメントという事も忘れて、初めての阿武川ダムに胸を躍らせてスタートしました🤣

 

今回お借りしたレンタルボート11ftジョンと小型な為、タックル本数がかなり限られると事前に聞いており、スピニングはSCS-63XSUL-ST1本、ベイトはSCC-65-1/2MULTISCC-68MHの合計3タックルを用意しました👍️

 

結論から言うと、今回掛けた6本のビッグバスは全てSCC-65-2/1MULTIを使用🙌

 

減水晴れ続きであまりアクティブな状態では無かった為、5gほどのヘビーダウンショットリグや、10g前後のハードプラグが適しており、SCC-65-2/1MULTIによって全て快適にこなせました💡

 

※もしが多くてカバーがあったり、重量級のプラグが活躍するタイミングであればSCC-68MHが大活躍だった事でしょう💪

 

シャローに見えバスが全く確認できなかったので、サイト用ミドスト用に持ってきたSCS-63XSUL-STも今回は出番がありませんでした😁

 

ボートでここまでタックルを絞り込む事も珍しいですが、あらためてSCC-65-2/1MULTIバーサタイル性能には驚かされます😆

 

以前と比べるとかなり厳しくなったという阿武川ダムですが、釣れればほとんどが45UPで、50UPもバンバン食ってくる噂通りのパラダイスでした🤩

水がクリアなので浅いレンジでプラグを巻くと、バイトの瞬間が丸見えだったのですが、トリプルフックが伸びているのに気がつかず、2本の推定50UPをことごとくバラしてしまいました…🥺

 

大会の結果は私がビッグバスをバラしまくったせいで、リミット5本のところ4本しかキャッチできず、5キロ弱のウエイトで3位でした🤗

もしミスが無ければ5本で8キロオーバー、おそらく優勝だったのが悔やまれますが、これがトーナメントの楽しいところ☺️

 

初めての阿武川ダム、そのポテンシャルの高さに感動した、とっても充実した1日でした🤗

 

SNSの普及で簡単に情報を集められる時代ですが、あえて事前情報を入れずに、その場その場で色々なルアーを試してみるのも楽しいですね😁

 

皆様も連休などで、ワクワクして初場所に行く事があるかと思いますが、SCC-65-2/1MULTIを持っていけば大抵の状況はカバーできますので、遠征にもとてもお勧めの1本です👍️

 

今回主催のALLBLUE様にはENGINEアイテムを数多く取り揃えて頂いていますし、阿武川ダムの最新情報もゲットできますので、是非お店をチェックしてみてください😁

 

では❗️