REPORT

【スタッフレポート】 鈴木 寛人 vol.2 「サイトフィッシングの切札《S.T.PICK フローティング》」

皆さん、ENGINEソフトベイトシリーズの中で隠れた逸品S.T.PICKはご存知ですか?

 

ハイプレッシャーフィールド攻略のために作られた、ワームであり、サイトフィッシングの名手がこっそり使っているワームの一つです。

 

今シーズンはこのS.TPICKに待望のフローティングモデルが登場しています!

(※フローティングシールが目印です)

 

 

 

 

 

各リザーバーでスポーニング終了後から散見される、オーバーハング下に見える食欲のないビッグバスを仕留めたい。

今年生まれたワカサギのフライを捕食しているバスや虫・小型ベイトを偏食しており、ルアーに反応してくれるが見切ってしまう…

 

そんな、難航不落のバスに口を使わせる為に生まれたのがS.T.PICKフローティングモデルです。

 

ホームフィールドの相模湖・津久井湖では5月~7月ごろまでが一番活躍する時期です!

(相模湖秋山川でのサイトフィッシングでキャッチ)

(相模湖本流筋のサイトフィッシングでキャッチ)

 

フローティングモデルのカラーは3種類

・デッドリーワカサギ

・ミミズ

・グリパン

 

1番の特徴はワーム素材で作られており、エラストマー素材ではないこと。

ワーム素材だからこそ出せる艶かしさにバスはたまらず口を使ってしまいます!

もちろん他のワームの一緒に保管しても問題ありません。

 

推奨フックはSUPERIOR MⅡフック#10

近年一般化してきている、細PEとの相性は抜群!PE0.3号程度と組み合わせてご使用ください。

ロッドは軽量ルアーを狙ったところへ飛ばせるSCS-60-1/2SUL-STや SCHS-66-1/2XUL-ST がベストマッチ

 

フローティングモデルの為、表層での使用がメインと思われがちですが、バスの目線に合わせた攻略が可能です!

水面を見ているバスには表層ノーシンカー、ボトムを見ているバスにはネコリグ、ボトムで浮いている時にはダウンショットなど多彩なリグに対応できるワームです。

(ダウンショット、ネコリグでのセッティング例)

 

特にネコリグはオススメのリグです!

S.T.PICKの特徴でもある、頭の太さはネイルを入れやすく、抜けにくい設計となっており、ボトムを小突きつつ、テールは浮いてバスにアピールする姿は反則レベルの動きです!

 

困った時のお助けワームとして、ボックスに入れておけば必ず良いことがあるますよ!